サラリーマンの営業週報 パート① 

皆さんこんにちは、しゅんすけ(@keymaniac)です。

今回から新しいシリーズを展開していこうと思います。

題して、「サラリーマンの営業週報」!

1週間に1回は週報の記事を書いていきます。

【週報とは何?っていう方へ】

⇒1週間に1回出す報告書のことです。

私も新入社員時代に週報を書いていました。

非常にめんどくさかったですね。。。

ただこのブログで書いていく週報は自分が1週間であった

面白かった話とか共有したい話を綴るので楽しくなるはず!笑

では早速報告をしていきます!

サラリーマンの営業週報

ここで書いていく内容としては

・営業活動をしている時の話

・OJTトレーナーをやっている時の話

等々のお話になります。

今回は、「家に財布を忘れて、自分の営業車を駐車場から出せなくなった話」をします。

家に財布を忘れて、自分の営業車を駐車場から出せなくなった話

タイトルからしてアホな話ですよね。笑

何でこんな惨劇が起きてしまったのか。。。

これは自分の取り巻く生活環境が便利だからこそ起きた話です。

 

普段はスマホの電子マネーで生活をしています。

主にEdy、Suicaを使えば、財布要らずです。

ただその便利さ故に、財布を家に忘れたことに気付いたのが、その日の午後でした。

本来であればもっと早く気付くでしょ!という話なのですが

それまでコンビニなどの電子マネーが使える所しか利用していませんでした。

 

東京といっても時間貸し駐車場は今だ現金支払いの所ばかりです。

(かつお札も1000円札しか使えないから、めちゃくちゃ不便です)

さぁお昼の12:30からの商談が終わり、時刻は13:30です。

次のアポイントは15時からだったので、余裕だな~とか思いながら駐車場へ。

「・・・・・ふぁ!?財布なくね!?!?」

これは本当にパニックになりました。

顧客先のところに戻ってお金を借りるという選択肢はありましたが

さすがに頼るのは恥ずかしいと思い選択肢から除外しました。

ここで私が思いついた方法が1つ!

スマートフォンの電子マネーをうまく使って、現金にできないだろうか。

場所は東京都目黒区中目黒。

東急線と東京メトロが通っています。

「切符を購入して払い戻しして現金化できないかな」

と思ったが、そもそも電子マネーが使えない。。。

「なんで鉄道会社が電子マネー使えないんだよ!」と

当初思ったのは今でも覚えています。

ちなみに仮にできていたとしても駐車場代1,500円を払うことはできません。

こうしている間も刻々と駐車料金は高くなっていきます。

 

次に考えたのが、電子マネーをとにかく使える所に行かないといけない。

ならば中目黒よりも可能性のありそうな隣駅の恵比寿に行くべし!

と思い、東京メトロにモバイルSuicaを使い、恵比寿に行きました。

恵比寿はJRも通っており、駅に直結したアトレというデパートがあります。

電子マネーが使えないわけがありません。

早速店内を闊歩して、電子マネーが使える店を探しました。

(、、、ほぼ全店で使える!!)

これはめちゃくちゃチャンスでした。

作戦としては、商品を買う⇒買う時はもちろん電子マネーで⇒数分後に返品する⇒現金で返金

というようなことでした。

電子マネーは電子マネーで返金できないので、現金で返金をせざるを得ません。

それを逆手に取りました。

 

店内を色々見て回り、なるべく単価の高そうな店を探しました。

とある石鹸屋を見つけました!

3,000円あれば足りると思っておりましたが

あえて5,000円くらいする商品を手に持ち、レジへと向かいました。

現金は多めにあって越したことはありません。

店員に商品を渡し、会計を準備する私。

そこで1つ会計カウンター上で気付いたことがあります。

いかなる理由があっても返品は受け付けません

「、、、、、、、ふぁ!?」

これはやばいと思って、やっぱり商品を検討させてくださいと店員に申し出て

この店をまもなく去りました。

ご迷惑をお掛けして、申し訳ございません。

そして現金化への道のりが過酷なものだと悟りました。

 

気を取り直して食品売り場の方へ。

手土産系のものは単価もそれなりに高いし、狙い目。

後は、会計カウンターにその文言が無ければ勝てる。

早くしないと次のアポイントに遅刻をしてしまう。

一刻を争う状況です。

そんな状況下の中、ターゲットを絞りました。

1つ5,000円する手土産を頼んで、電子マネーで購入しました。

受け渡しが終わった後、一回その場から離れて様子をみてました。

自分が接客した人以外の人に頼む方が成功確率が上がる気がしたからです。

10分程度溜まっていた電話の対応をしながら待っていました。

すると先程の店員が運よく休憩に入ったのか、いなくなりました。

すかさず店頭に行き、返品を申し出ます。

店員さんは、「本当は返品は受け付けられないのですが、今回だけは特別ですよ

と申し出を受け入れていただけました!!!

本当に感謝です。ご迷惑を承知で申し訳ございません。

めちゃくちゃ店員さんには感謝いたしました。

 

5,000円手にした私はすかさず中目黒へ電車で戻り、駐車場へ。

駐車料金が2,100円位になっていましたが、なんとか出庫することができました。

次の15時のアポイントもなんとか間に合い、無事に商談を終えました。

 

財布を家に忘れただけでえらい目に逢いました。

この1件から学んだことがあります。

・財布とは別に現金を鞄にいれておくこと

ということです。

本来電子マネーで買った商品を返品して、現金化することはタブーです。

今回は本当に緊急時だったので利用させていただきました。

この件に関わってしまった方々、大変申し訳ありませんでした。

この場を借りて謝罪致します。

ちなみにこの電子マネーから現金化の話は実は過去にブログの記事にしています。

気になった方は読んでみてください。

電子マネーを現金化する方法!!家に財布を忘れました!!

まとめ・総論

いかがだったでしょうか?

こんな感じで営業している時のいろんな話を週報として記事にしていきます。

もし今後も続けて欲しいという方は、コメントしてください。

また次の週報で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です