【コロナによる自粛の果て】オンライン飲み会の落とし穴【闇】

オンライン飲み会というパワーワード

こんにちは、しゅんすけです。

新型コロナウイルスによる自粛がまだ止まらないですね。

それにより家での時間が圧倒的に増えてきています。

私はブログをずっとやっているので、むしろ好都合なのですが笑

そんな中で「オンライン飲み会」というパワーワードが流行していますね。

このオンライン飲み会について考察していきたいと思います。

そもそもオンライン飲み会とは?

自粛して飲みに行けない人が、グループビデオ通話を繋いで、個々で飲む姿を見せあう

というようなコンテンツです。

以前一回流行ったのが、またブーム到来ってやつですね!

オンライン飲み会は通常の居酒屋で行う飲み会よりも良い所は果たしてあるのでしょうか?

前提としては「本来はお店に飲みに行きたいけど、自粛で外出できない。だからオンライン飲み会で我慢している。」

このような人が多いでしょう。

そんな方たちが普通の居酒屋よりもメリットを感じる点は2つ。

①店で飲むよりも安く済む

②家なので最悪酔って寝ちゃっても大丈夫

コスパは果てしなくいいですね!!

サラリーマンが家で飲む金額なんて知れてますし。

芸能人とかそこらへんの方々の家飲みは知らないですけど笑

まぁパッと考えた時に、「悪くはないかな」という印象です。

オンライン飲み会の落とし穴

そんなオンライン飲み会にも必ず落とし穴は存在します。

実は今回はこの部分をメインでお話したかったのです。

私はこのオンライン飲み会は、最悪のコンテンツだと思っております。

①終電がない分、終わりが見えない

②飲み物や料理を自分で用意をしないといけない

③ビデオ通話なので莫大な通信料がかかる


①が一番最悪ですね。

帰れない飲み会みたいなもんですよ。

居酒屋で行う飲み会は、お店の時間の兼ね合いだったり、終電の兼ね合いだったりで

解散するタイミングがある程度決まってきます。

ただこのオンライン飲み会は、誰かが抜けないとなかなか抜けれません

気の合う者同士であればその辺りはうまく融通がきくかもしれませんが

会社の人と飲むことになったら逃れようがありません。

誘われた時も同様です。

上司に「オンライン飲み会しようぜ!」なんて言われた日には逃れようがありません。

ケース①「家の用事がありますので。」→「じゃあそれ終わったら始めよう!」

ケース②「外出する用事があるので。」→「自粛期間に何を言っているんだ飲むぞ!」

ケース③「子供の世話をしないといけなくて」→「子供も一緒に参加させよう!」

ケース④「体調は優れないです」→「顔だけ出しとけ!」

などなど。

何を言っても回避することができません。

非常に厄介ですね。

若者の時間はおじさんたちよりも価値のある時間です。

奪わないでほしいですね。


②もなかなかめんどくさいですね。

居酒屋であれば注文したらすぐに持ってきてもらえる。

ただ家で飲むと買うのも作るのもすべて自分でやらないといけないです。

逆に好きなお酒、好きな食べ物を自由に食べ飲みできるというメリットもありますが。


③はどうですか。

私自身はWifi環境もありますし、スマホも容量使い放題なので困りませんが

格安SIM使っていたり、モバイルWifi使っている人には大変かもしれないですね。

通常の通話より、断然ビデオ通話は通信容量を消費するので厄介ですね。

オンライン飲み会で使う媒体

主に使われているのは、「LINE」「ZOOM」「Skype」の3つですね。

LINEのメリット

・誰しもがインストールしているアプリ

・音質は悪くない

LINEのデメリット

・会社の人にLINEを教えないといけない

・(スマホでやることがほどんどだと思うので)ビデオ通話中他の操作ができない

・1画面に映せる人数に制限がある

ZOOMのメリット

・登録をする必要がない

・音質は悪くない

ZOOMのデメリット

・無料通話だと40分で強制的に終了となる

Skypeのメリット

・音質は悪くない

Skypeのデメリット

・登録する必要がある

ざっくりまとめるとこんな感じです。

本来なら、Skype>ZOOM>LINE の順番であるべきですが

登録する手間を考えると

ZOOM>Skype>LINEですね。

なにより40分で切れてくれた方が、終わる区切りになって丁度いいですね!

オンライン飲み会を回避するためには

ここが重要なポイントですね。

家でゆっくりしたいのに、オンライン飲み会なんてやってられないですね。

上司の誘いを断る最適な方法は、この4つですね!

①その時間は別のオンライン飲みが入っていると嘘をつく

②家にWifiがない。スマホは通信制限

③一瞬だけ参加して、電波が悪いふりをして、そのまま音信不通

④オンラインデートがあるから

これで違和感なく逃れられなかったことはありません。笑

だらだらビデオ通話をする無駄な時間は皆さんにはないと思います!

このやり方で切り抜けましょう!

まとめ・総論

今後オンライン飲み会のコンテンツはどんどん加速していくことが予想されます。

他の新しいアプリも開発されていくでしょう。

たまにオンライン飲み会を気の知れた仲でやるのは大いに良いと思います。

ただ時間は有限です。

毎日ビデオ通話に依存してしまっている人は気を付けましょう。

それでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です